退職代行ニコイチの口コミ評判は?失敗することはあるのか体験談も含め解説

退職代行ニコイチとは

退職代行ニコイチは、日本で初めて退職代行を始めた会社です。

そのため、トラブルにならずスムーズに退職するためのノウハウを最も持っている会社と言ってもよいでしょう。

退職代行ニコイチ1

業界No.1の実績

退職代行実績は創業16年で18,000件以上に達しており、数ある退職代行サービスの中で最多クラスとなっています。

2021年1月現在では、月に500人以上の方がサービスを利用しているとのことです。

これまでの利用者の退職成功率は100%なので、依頼すれば確実に退職することができるサービスです。

弁護士が監修しているので安心

ニコイチは弁護士が監修したサービスなので、法律に沿ってトラブルなく退職できます。

それでも「いざ退職するとなると心配」という方は、公式LINEで事前に退職に関する相談をすることもできます。

退職代行ニコイチに違法性はないのか

結論から言えば、ニコイチをはじめとした退職代行サービスに違法性はありません。

利用する理由や関連法もふまえつつ、退職代行サービスの概要について解説します。

退職代行サービスを利用する理由

一般的には、上司へ退職の意志を伝えて退職することになりますが、難しい職場も少なくありません。

退職代行を利用する方へのアンケートでは、「上司に伝えにくい」「会社に対して申し訳なさがある」「引き止められて辞められない」といった理由が挙がります。

退職代行ニコイチ2

上司に伝えにくい

日常的に怒鳴られているなどパワハラが横行しているケースですと、退職を言い出せないこともあるでしょう。

また、退職率が高い会社では、退職の意志を伝えるために上司に時間を設けてもらおうとしても、面談してくれないこともあります。

会社に対して申し訳なさがある

前述した理由とは逆に、とてもお世話になっている、人手不足が深刻であることが分かっている、という理由で言いにくいというケースもあります。

上司が困るであろうことを考えると退職の話を切り出せないのは自然なことかもしれません。

引き止められて退職できない

いざ退職の意志を伝えたとしても「後任を見つけるまで待ってほしい」「引き継ぎのために○月まで続けてほしい」といった要求をされることもあるようです。

こうした理由で直接交渉しても辞められない方が多くいるため、退職代行サービスを利用する方が増えているのです。

退職してもいいのか心配な方へ

そもそも全ての就労者には職業選択の自由があり、会社が退職させてくれないのは不当です。

民法627条1項において、書類または口頭で退職の意志を伝えれば、労働契約が終了すると定められています。

また、法律上は退職の申告は2週間前にする必要がありますが、実際は即日退職しても問題になることはほぼありません。

会社が損害賠償を請求してもコストとリターンが見合わないので、訴えられることはまずないのです。

18,000件以上の退職代行を行ってきたニコイチにおいても、これまでトラブルは一度も発生していないといいます。

会社が脅してくるようなことがあっても、就労者はいつでも退職する権利があることを覚えておいてください。

弁護士事務所による退職サポートの違い

退職代行ニコイチ3

退職代行業者と弁護士事務所のどちらに依頼しても退職代行の手続きをしてもらうことは可能です。

弁護士事務所にお願いすると、未払いの給与や残業代を請求できます。賃金の未払い、有給休暇の未取得といった点で交渉の余地がある場合は、給与明細や有給休暇取得を断られた音声などの証拠を用意して、弁護士事務所にお願いするとよいでしょう。

一方で、支払う費用は退職代行サービスより高額になる傾向にあります。加えて、未払いだった賃金が支払われた場合、その20%ほどを弁護士事務所に報酬として支払うことが一般的です。

また、弁護士事務所では数あるサービスの1つとして退職代行業を行っていることが多いので、専門業者のようなスムーズなサービスは期待できない退職代行で評判が良い弁護士事務所を探すのが難しいというデメリットがあります。

賃金の未払いなど労働問題の交渉が必要ではない方は退職代行サービスを利用した方がスムーズです。

退職代行ニコイチの特徴

金額やサービス内容から退職代行ニコイチの特徴を解説します。

退職代行ニコイチ4

金額は業界最安値!

ニコイチの金額は、27,000円となっています。やり取りする書類の量や電話の回数などは関係なく、正社員から退職する方全員が同一料金で利用できます。

追加料金はなしで、退職手続きが完了するまでしっかり対応してくれます。また、万が一退職できなかった場合のために全額返金保証があります。

サービス名 料金
退職代行ニコイチ 27,000円
退職代行Jobs 29,800円
退職代行ガーディアン 29,800円
退職代行SARABA 29,800円
退職代行EXIT 50,000円
退職代行相談所 50,000円
弁護士法人みやび 55,000円(追加料金あり)

こうしてみるとニコイチの料金は、退職代行サービスの相場である30,000〜50,000円という価格よりも安く設定されていることが分かります。

十分な実績がある退職代行業者の中では最安値です。

ネット上には10,000円程度で退職代行を謳う業者もありますが、「料金を振り込んだら連絡が取れなくなった」「法律に沿っていない手続きでトラブルになりかねない」といったケースがあるので注意しましょう。

営業日と営業時間

年末年始、GW、お盆以外は年中無休で、営業時間は7:00〜23:30となっています。

上記の営業時間となっているのは、サービス開始当初に深夜から早朝の問い合わせがほぼなかったのが理由とのことです。無駄な時間に営業していないことで前述したような低価格が実現できているのでしょう。

LINEやメールの受付は24時間行っています。

本当に限界だと思った方は、出社時間前の早朝にニコイチへ連絡して、その日から出社せずに会社を辞めることもできます。

アフターフォローが充実している

ニコイチでは、退職から2ヶ月間はアフターフォローが付帯しています。

退職時には、源泉徴収票や離職票の郵送依頼、会社からの連絡に対する返答などが必要になります。

こうした面倒なやり取りも代行してくれるので、まさに退職手続きを丸投げできると言えます。

転職サポートがある

いざ退職する決意ができても、転職に関する不安をお持ちの方も多いと思います。

ニコイチでは、転職エージェントと提携しているので退職した後にそのまま転職の相談をすることも可能です。

提携している転職エージェントUZUZは、個別の就活サポートに平均20時間をかけ、転職後の定着率94.7%を達成しているという特徴があります。

全国に対応している

ニコイチは全国対応なので、日本国内にお勤めの方であれば誰でも即日対応してくれます。

株式会社ニコイチの本社は静岡にありますが、LINEやメールでのやり取りとなるため、ニコイチの本社など特定の場所に出向く必要はありません。

退職届のテンプレートがある

はじめて退職する方であれば、手続きにおいて分からないことだらけだと思います。

ニコイチにほぼ全てを丸投げできるといっても自分でやらなければならない手続きもあります。

その一つが、退職届の記入です。ただし、こうした退職届に関してもテンプレートを用意してくれるので、送ってもらったテンプレートに沿って記入すればカンタンに作成できます。

心理カウンセラーのケアがある

ニコイチには、心理カウンセラーが在籍しています。退職する際には、人には言えない悩みや不安があると思います。

こういったことは相談しづらいものですが、プライバシーが遵守された上でカウンセリングのプロと話せるのは安心できますね。

自分の携帯や家、実家に連絡が来ないように配慮してくれる

退職代行サービスを利用される方の多くが、連絡が来ないようにしてほしい、親に連絡してほしくないといった希望をされます。

ニコイチへの依頼時にそうした希望を伝えておけば、会社にその通りに対応してもらうようお願いしてくれます。

分割払いが利用できる

ニコイチは、2回までの分割払いに対応しています。

銀行振込で2回の分割払い、1回は銀行振込で残額をクレジットカード払いといった方法で支払いができます。

退職したいのに退職できない方はニコイチに相談してみましょう

ニコイチは、LINEなどで相談、質問する段階では、一切料金はかかりません。

LINE無料相談は、公式サイトにおいて「名前(匿名OK)」と「LINE上の名前」を入力するとすぐに利用することが可能です。

上司や職場が原因で、退職したいのに退職できない方は、ニコイチに無料相談してみましょう。

退職代行ニコイチで無料相談する>>

退職代行ニコイチを利用する際の注意点

基本的にニコイチに連絡した後は出社する必要はなくなりますが、以下のような理由で退職手続きが長引くというケースはあります。

勤めていた会社の上司に連絡がつながらず書類のやり取りが進まない
「本人からの意志を確認したいので連絡させるように言ってください」と言われる

ただこうした会社だからこそ、利用者は退職することが難しいとも言えるでしょう。このようなケースでも粘り強く対応し、責任を持って退職手続きを完了してくれます。

自分で退職の意志を伝えるべきという意見もある

退職代行サービスの実態を知らない方も多く、利用するべきではないといった意見を持った方はまだまだ多いです。

ただ退職代行サービスを利用する方の多くが「前提として退職手続きは自分で進めるべき」と思っていらっしゃいます。

利用者もそうした前提を理解しつつ、上司に退職を言える関係ではない、引き止められてしまうといった状況があるから、仕方なく退職代行サービスを使っているのです。

退職代行ニコイチを利用する流れ

ニコイチを利用する流れは、3つのステップに分けることができます。

退職代行ニコイチ5

無料相談、申込み

ニコイチは、サービス内容について質問したり相談したりする時点では一切料金はかかりません。

利用するに当たって聞いておきたい点がある方は、まずはメールやLINEで連絡してみましょう。

依頼することが決まったら、前払いで料金を支払います。最短当日から出社せずに退職することが可能です。

退職の準備

勤めている会社や今の状況について調査、ヒアリングを行います。

その上で、懲戒解雇(=会社の秩序を見出した処分としての解雇)や損害賠償が発生しないような退職手続きを考えてくれます。

例えば、懲戒解雇として退職すると、転職活動に悪影響がある、受け取れるはずの退職金がもらえなくなるといったデメリットがあります。

このように利用者にとって有利な退職が実現できるように細心の注意をした上で手続きを進めてくれるのです。

退職手続きの実施

ニコイチの担当者が電話などで退職の意志を伝えてくれます。

退職の意志を伝えた音声を送ってくれることが一般的なので、どのように伝えてくれたのか確認できます。

あなたの代わりに会社に退職の意志を伝えた後は、会社への返却物の返送、書類の受け取り、賃金の振り込みについての調整も行ってくれます。

会社に私物が残っている場合は、郵送で送ってもらうように手配してくれます。

退職が完了した後に発生する連絡も2ヶ月間は無制限で対応してくれます。

株式会社ニコイチとは

もともと、株式会社ニコイチでは、不用品回収や調査業務などの様々な事業を行っていました。

便利屋として様々な代行業を行う中で、「自分の代わりに退職手続きを行ってほしい」という退職に関する相談も多くなったといいます。

こうした依頼がきっかけで、退職代行サービスを本格リリースしたのです。

利用者の要望に沿ったサービス

こうした退職希望者の要望からスタートしているサービスなので、利用者に徹底配慮して手続きを進めてくれます。

例えば、会社の人事から電話がかかってきたとしても電話に出る必要はありません。

その電話番号をLINEでニコイチの担当者に伝えれば、代わりに話を進めてもらえます。

会社の信頼性

前述したようにニコイチは日本で初めて退職代行サービスを開始した会社であり、実績は申し分ないと言えるでしょう。

また、事業責任者である西村氏や田中氏などは、ネット上でインタビューに応じるなどとても誠実な印象です。

退職代行ニコイチの口コミや評判、体験談

ニコイチを利用した方の口コミをご紹介します。

20代女性保育士

依頼する前から退職手続きが終わるまで、テキパキ質問に答えてくれて慣れているなぁと安心できました。ニコイチに依頼してからは、会社と一切連絡を取ることはなかったので不安にも感じましたが、何事もなく辞めることができました。「〇〇について教えてください」「この書類を記入して〇〇に郵送してください」といった感じで、指示に従えばいいのでとても楽でした。次の転職先を考える余裕が持てたのも良かったです。

30代女性介護士

勤務していた施設が人手不足だったので、私が辞めたらシフトが回らないと思い、体調不良と寝不足になりながら無理して働いていた。転職した友人の話を聞いてから洗脳が溶け、私にも辞める権利があると気づいた。ニコイチは、LINEで迅速に対応してくれたが、対応は少し事務的に感じた。私としては退職さえできればよかったので特に問題はなかった。会社と直接やり取りすることは一切なく申込みから3日で全ての手続きが完了したので、もっと早く退職すべきと思ったくらい。

40代男性運送業

上司から日常的にパワハラを受けていて、人格否定をされたり脅されたりすることは日常茶飯事でした。「ここで辞めたらダメ人間だ」と思い込んでいて、精神安定剤や睡眠薬を飲みながら勤務を続けていました。ただ運送業界で働く方のブログを読んで「同じ業界でもこんなに気楽に働いている人もいるのか」と思い転職を決意しました。パワハラ上司には、退職を言い出せる雰囲気ではなかったので、実績豊富なニコイチさんを利用しました。かなり追い詰められた心境で相談したのですが、丁寧に対応してもらい助かりました。

20代女性飲食業

退職する意志を上司に伝えたら、今辞めると周りが困るよ、せめてあと半年は続けてくれないと無責任だよ、と言われ辞めることができませんでした。辞めることはほぼ諦めかけていた時にネットで退職代行のことを知り申し込もうと思いました。複数の業者に相談したのですが、一番対応が丁寧だったニコイチさんに決めました。源泉徴収票や離職票などの書類も用意してくれたので助かりました。

30代男性営業職

就職前は営業をすることはないと聞いていたのに、いざ就職してみたら新規開拓の営業をさせられました。結果を残したら他のポジションが与えられると伝えられていたのですが、いるになるのか分かりませんでした。そもそも入社前と言っていることが違うので、辞めた方がいいかもしれないと思うようになりました。ニコイチにはLINEで相談したのですが、強引なセールスなどはなく淡々と質問に答えてくれたので、お願いすることに決めました。翌日から出社したくないと伝えたのですが、スムーズに退職できました。

なお、ニコイチとのやり取りを探してみたけど見つからなかったという方もいるかもしれません。ニコイチでは、LINEの内容をネット上に公開してはいけない契約になっていることが理由です。

ただし口コミにもあったように、自動返信ではなく、スタッフが個別に対応してくれることは確かです。

退職代行ニコイチや退職代行サービスについていただいた質問

当サイト「レイズキャリア」では、転職や退職など仕事やキャリアに関する質問を募集しています。ここでは、ニコイチおよび退職代行サービスについていただいた質問をご紹介します。

契約社員でも退職代行サービスを利用することはできますか
(20代男性)

退職代行サービスによっては、契約社員、パート、アルバイトなどの有期雇用では利用できないことがあります。ニコイチでは、有期雇用でも利用することが可能です。

上司や同僚との人間関係が悪くて退職を考えているのですが、こんな理由でも退職代行サービスを利用してもよいのでしょうか。
(30代女性)

ニコイチのインタビューによると、退職理由として最も多いのが人間関係だと言います。ニコイチでは、退職理由は問題になりませんのでどんな理由で退職する方も利用可能です。

ニコイチではどんな業界の利用者が多いのでしょうか。
(30代男性)

介護業界、製造業、建設業などの人手不足の業界において利用者が多いとのことです。会社が人手不足ということで退職したい気持ちを我慢してしまう方もいるようですが、あくまでの人手不足は業界および会社の問題なので、被雇用者が心配する必要はないでしょう。

ニコイチから連絡すると、会社側は困らないのでしょうか
(20代女性)

会社側からするとニコイチからいきなり連絡があるので、驚かれるようですが事情を説明すると「それでは書類等の手続きを進めさせていただきます」といったかたちで退職を承諾しつつ、スムーズに退職手続きに進むことが多いといいます。

転職のプロに無料で相談する>>